百花 繚乱 2m5bz2k8 カジノ写真で解説する「Disney Mobile on docomo F-07E」(外観編)仮想通貨カジノパチンコビット コイン チャート 2017

百花 繚乱 2m5bz2k8 カジノ写真で解説する「Disney Mobile on docomo F-07E」(外観編)仮想通貨カジノパチンコビット コイン チャート 2017

百花 繚乱 2m5bz2k8 カジノ写真で解説する「Disney Mobile on docomo F-07E」(外観編)仮想通貨カジノパチンコビット コイン チャート 2017

国産 mmo rpgk8 カジノ

2ch スロット オールナイト NTTドコモの2013年夏モデルとして登場する「Disney Mobile on docomo F-07E」は、その名の通りドコモとウォルト・ディズニー・ジャパンがコラボしたモデル。富士通にとっては、「Disney Mobile on docomo F-08D」に続く2機種目のディズニースマホだ。

photophoto「Disney Mobile on docomo F-07E」。カラーはLight Pink、Pure White、Night Blueの3色photophotoF-07Eの正面(写真=左)と背面(写真=右)photophoto背面の大型イルミが特徴(写真=左)。スマホピースが2つ付属する(写真=右)

 一番の特徴はやはり背面にある大型イルミネーションの存在。またミッキーマウスの光るスマホピアスが2つ付属するほか、コラボ端末ではおなじみとなった限定コンテンツやサービスの提供などプレミア度の高さも注目だ。もちろんそれだけなく、OSはAndroid 4.2を搭載するスマホとしての見どころも多い。なお、イルミネーションについてはイルミ・ソフト編で改めて紹介したい。

 プロセッサーには1.7GHzクアッドコアのAPQ8064Tを採用し、メインカメラとして約1310万画素CMOSを装備する。またメモリはROMが64Gバイト、RAMが2Gバイトと大容量なこ点にも注目したい。そのほか、おサイフケータイや赤外線通信、ワンセグ、指紋センサー、防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP5X)などの便利な機能やサービスにもしっかり対応している。通信面では下り最大100Mbpsの「Xi」に対応した。ドコモの今夏モデルはどれもスペックが高いが、F-07Eも例外ではない。

photophoto端末の上面(写真=左)にはワンセグアンテナと3.5ミリのイヤフォンジャック、SIMとmicroSDスロットがある。底面(写真=右)のマイクとMicro USB端子photophoto端末の左側面(写真=左)にボリュームキーと電源ボタン、右側面(写真=右)にはワンセグアンテナのサイドとストラップホールがあるphotophoto正面のディスプレイ上部(写真=左)。インカメラは130万画素だ。正面下部(写真=右)。戻る/ホーム/メニューキーはオンスクリーンキーとなっているphotophoto背面のカメラ部(写真=左)。富士通ならではのスマート指紋センサーを搭載する。背面下部(写真=右)には卓上ホルダ用の充電端子をレイアウトphotophoto端末上面のキャップを開けたところ(写真=左)。SIMとmicroSDスロットが重なって配置されている。底面のMicro USB端子用キャップ(写真=右)

 ディスプレイは約4.7インチ HD(720×1280)表示のTFT液晶で、ボディサイズは65(幅)×131(高さ)×10.8(厚さ)ミリ。同じ富士通製の「ARROWS NX F-06E」がディスプレイサイズが5.2インチとかなり大きいのに対し、F-07Eは手ごろなサイズに収まっているのもポイントだ。またラウンドフォルムデザインを採用しており、片手でももちやすい。こういった点は女性をメインユーザーに据えているためだろう。

 ラインアップするボディカラーはLight Pink、Pure White、Night Blueの3色。ボディの随所にはミッキーマウスのモチーフが隠されており、それを探すのも楽しい。なお、背面にイルミがあるためかバッテリーは内蔵式で、ユーザーによる交換には非対応だ。また付属の卓上ホルダとACアダプターを使う場合に限り、急速充電が行える。

photoワンセグアンテナを伸ばしたところphotophoto付属の卓上ホルダは横置きスタイル。スマホピールを挿しておく穴が2つ用意されている関連キーワードディズニー | イルミネーション | Disney Mobile on docomo | F-07E | NTTドコモ | 卓上ホルダ | 富士通 | ミッキーマウス仮想通貨カジノパチンコ岳 サッカー

コメントを残す