toto 高額 当選k8 カジノ「Vista」「Home Server」「Longhorn」大作ぞろいのWinHECが開幕仮想通貨カジノパチンコ家 パチンコ

toto 高額 当選k8 カジノ「Vista」「Home Server」「Longhorn」大作ぞろいのWinHECが開幕仮想通貨カジノパチンコ家 パチンコ

toto 高額 当選k8 カジノ「Vista」「Home Server」「Longhorn」大作ぞろいのWinHECが開幕仮想通貨カジノパチンコ家 パチンコ

ビット コイン 預金k8 カジノ

スロット 新台 実践 ロサンゼルスで開催のMicrosoftのWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC) 2007に集まる2700人の参加者は、基調講演を皮切りに、Windows Vista、次期Windows Server「Longhorn」、そしてWindows Home Serverの話をたっぷり聞かされることになる。

 「このカンファレンスには3つの大きなテーマがある。1つは、Windowsプラットフォームの業界へのインパクトだ」とMicrosoftのWindowsクライアント部門のディレクター、ケビン・カッツ氏は、WinHEC開催前の取材でeWEEKに語った。

 「われわれは、Windowsが技術革新のプラットフォームとして今もいかに重要かを明確に示し、強調したいと強く考えている。できるだけ具体例を披露するつもりだ」(同氏)

 2つ目のテーマは、一般発売から100日を迎えたWindows Vistaと、その市場での躍進の最新動向だ。このテーマの下で、パートナーが新しい革新的な製品を創造するために何を取り入れて活用してきたかを紹介する場も設ける、とカッツ氏は述べた。

 3つ目のテーマとしては、モビリティやコミュニケーション、ネットワーキングの拡大といった大きな流れから生まれるパートナーのチャンスと革新の契機を取り上げるという。

 WinHECは5月15日に開幕し、ビル・ゲイツ会長がオープニング基調講演で、Vistaの発売から100日の販売の勢いをアピールする。

 ゲイツ氏はまた、Windowsが設計の革新によるシステムの品質向上にどのように貢献しているかを説明し、その中で、発売から5月10日までの100日間のVistaの利用実績や、市場での勢いに加え、Windowsプラットフォームがもたらす革新の可能性を示すパートナーのこれまでの取り組みなどを報告する、とカッツ氏は語った。

 「さらにゲイツ氏は、次期Windows Server『Longhorn』とWindows Home Serverに関する今後の計画や、ハードウェアエンジニアとパートナーがこれらの製品によって手に入れるチャンスについても説明する」(同氏)

 カッツ氏によると、ゲイツ氏に続いてMicrosoftの最高研究戦略責任者、クレイグ・マンディ氏が基調講演を行う。同氏はチーフソフトウェアアーキテクトのレイ・オジー氏とともに、ゲイツ氏の業務を引き継いでおり、ゲイツ氏は円滑な引き継ぎのための移行期間を経て、自身の財団での活動に専念することになっている。

 マンディ氏は基調講演で、今後5~10年の将来と技術革新の見通しを示し、それを踏まえてMicrosoftとそのハードウェアパートナーが取り組むべき課題を展望する、とカッツ氏は語った。

 WinHECの2日目(5月16日)は、新任のWindows製品管理担当コーポレート副社長、マイク・ナッシュ氏の基調講演でスタートする。この基調講演では、ゲイツ氏が取り上げる「Vistaの100日」というテーマが深く掘り下げられる。ナッシュ氏は市場での勢いや、今後期待されること、パートナーのさまざまな革新について説明する。

 カッツ氏によると、ナッシュ氏の次にWindows Server担当ジェネラルマネジャーのビル・レイン氏が技術的な基調講演を行う。エンタープライズストレージ、エンタープライズネットワーキング、サーバの役割、高可用性のようなサーバの機能など、Windows Serverの新しい技術と取り組みが紹介されるという。

 3人目の講演者は、Microsoftのプラットフォーム&サービス部門のテクニカルフェロー、マーク・ルシノビッチ氏だ。同氏はLonghornの新機能と強化機能に焦点を当てる。

 ルシノビッチ氏は、Windowsのカーネルやそのほかの重要部分に加えられた変更の一部を紹介し、パートナーがそれらをどのように利用できるかを解説すると、カッツ氏は述べた。

 WinHECでは基調講演に加えて、これら一連の製品や、それらを利用したハードウェアの革新に関する多数のセッションも行われる。WinHECは技術者向けのカンファレンスであるため、技術者のニーズに対応できるように、突っ込んだ内容の技術的なセッションや議論の場、ラボも用意されるという。

 「製品サイクルとの関連で、今回のWinHECはMicrosoftにとってユニークな時期に当たっている。Windows Vistaは既に出荷されており、次はWindows Server『Longhorn』が控えている。こんなふうに、メジャープラットフォームのリリースに挟まれたタイミングというのは珍しい機会だ」(カッツ氏)

関連キーワードWinHEC|Windows Server

原文へのリンク

仮想通貨カジノパチンコjfa メール マガジン

カンフー 列伝 4 号機k8 カジノ今年もCESに現れた“変態ガジェット”たち仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 ジョセフ

カンフー 列伝 4 号機k8 カジノ今年もCESに現れた“変態ガジェット”たち仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 ジョセフ

カンフー 列伝 4 号機k8 カジノ今年もCESに現れた“変態ガジェット”たち仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 ジョセフ

ビット コイン 預金k8 カジノ ITmedia NEWS Weekly AccessTop10≫ 2022年12月24日~2023年1月6日サーバルームへ“お呼ばれ“した時の正しいコーデって? データセンターに行って考えた【全身1万円の参考プラン付き】2022年、最もスパチャを集めたVTuberは? 2位は「沙花叉クロヱ」さんで1億円超え 1位は?差出人不明の年賀状、大量に誤送付「スマホで年賀状」が謝罪 数十万人超に影響米Tesla株急落 年初から7割下落 トヨタ3社分の時価総額吹き飛ぶ「Amazonさんから代引きで来てますが?」──心当たりのない荷物は詐欺かも? ヤマトに対策を聞いてみたネット若者語「えぺ」、どんな意味? 正しい使い方は?:ネット若者コトバ辞典国産AIはなぜ炎上する? 「mimic」開発元に反省点を聞いた 海外産AIは平常運転、待つのは“日本1人負け“かサンタ「ごめん、大雪で遅れます」 子ども宛ての本物っぽい手紙を作る方法、SNSで話題に保護猫のサブスク「ねこホーダイ」が物議 “面倒な審査やトライアルもない“サービス内容に批判相次ぐ「ねこホーダイ」サービス停止 会員急増で「適切なサービス担保できない」

ドリーム カジノ 入金 不要 ボーナスITmedia NEWSにおける1週間の記事アクセス数を集計し、上位10記事を紹介する「ITmedia NEWS Weekly Top10」。今回は2022年12月24日から2023年1月6日までの年末年始期間について集計し、まとめた。

 明けましておめでとうございます。今年もITmedia NEWSをよろしくお願いします!

 2023年一発目のトップテンは、年末年始のアクセスランキングだ。クリスマスの記事も入っていて、すっかり「過ぎ去った日々」のイメージもあるが、お付き合いいただきたい。

 1位は、“ネタツイ”にマジレスした「サーバルームへ“お呼ばれ“した時の正しいコーデ」指南だ。コーデのポイントは「出っ張りに引っかからないこと」「物を落とさないこと」など。一般的なお呼ばれとはひと味違ったコーデが必要になるので、機会がある方はぜひ参考にしてほしい。

CESに現れた変態ガジェットたち

 さて、年明けには米ラスベガスで恒例の家電見本市「CES 2023」が開催された。3年ぶりの現地開催となった今年。現地取材はできなかったが、盛り上がりが伝わってきた。

 目立ったのはEVやHMDなどだが、“変態ガジェット”も健在だ。

画像Yoga Book 9i

 例えば、Lenovoの「Yoga Book 9i」は、13.3インチのOLEDディスプレイ2枚を縦にも横にも連ねて使えるマシン。横長の2画面を縦に連結した状態でキーボードを装着した姿は目新しすぎ、使い道が思い浮かばなくても、とりあえず欲しくなる。コンセプトモデルではなく、発売が予定されている点もポイントが高い。

画像ThinkBook Plus Twist

 Lenovoの「ThinkBook Plus Twist」も良い。ノートPCの“ディスプレイの裏にもディスプレイがある”変態機構。片面にOLEDディスプレイを、もう片面にカラーE-Inkペーパーを備えており、ヒンジを中心にひねって横回転すればどちらの面もキーボード側に設定できる。これも1月発売予定だ。

画像Flex Hybrid

 ディスプレイの変な機構といえば、Samsungも負けていない。Samsung Displayの「Flex Hybrid」は、本のようにたたんだ状態から開いた後、右側をスライドさせて幅をさらに伸ばすことができる(スライド前は4:3の10.5インチ、スライド後は16:10の12.4インチ)。折りたたみディスプレイのスマートフォンは既に市場に出ているが、「画面を開いただけでは幅が足りない!もっと幅を広げたい!」というニーズに応えられそうだ。

 ガジェットではないが、外装が32色に変化するBMWのコンセプトカー「i Vision Dee」も素敵だ。色を変えながら隣を走っていたらガン見して事故ってしまいそうだ。

 変態ガジェットたちは、「これ、本当にいるの?」と思う機能を備えていたりするが、一見無駄に見えることこそが未来の可能性をつなげたり、文化を作ったりする。CESで発表された変態ガジェットたちを見て、コロナ禍で縮み切っていた発想がちょっと自由になった。

仮想通貨カジノパチンコオリンピック サッカー スケジュール