ヤッターマン パチンコk8 カジノ「快適な空間でライブの臨場感を」――KDDIが映画館で音楽ライブ中継サービスを開始仮想通貨カジノパチンコ北斗 完走

ヤッターマン パチンコk8 カジノ「快適な空間でライブの臨場感を」――KDDIが映画館で音楽ライブ中継サービスを開始仮想通貨カジノパチンコ北斗 完走

ヤッターマン パチンコk8 カジノ「快適な空間でライブの臨場感を」――KDDIが映画館で音楽ライブ中継サービスを開始仮想通貨カジノパチンコ北斗 完走

維 伝 配信k8 カジノ

pc パチスロ ひぐらし KDDIとイオンエンターテイメント(以下、イオン)は7月17日、映画館で音楽ライブの生中継を配信するサービス「Live’Spot」の発表会を、イオンシネマ みなとみらいで行った。同日にサービスを開始した。発表会にはKDDIのサービス企画本部本部長片岡浩一氏、イオンの営業本部長大山義人氏が登壇し、サービス提供の狙いや背景などを説明した。スペシャルゲストとして、品川祐さん、水沢アリーさん、しずるの池田一真さん、村上純さんも応援に駆け付けた。

photophoto左から品川祐さん、水沢アリーさん、KDDIのサービス企画本部本部長片岡浩一氏、イオンエンターテイメントの営業本部長大山義人氏、しずるの池田一真さん、村上純さん(写真=左)。映画館でライブを生中継するサービス「Live’Spot」(写真=右)映画館で“新しい”ライブ体験をphotoLive’Spotの狙いを説明する片岡氏

 片岡氏は「近年、音楽ライブ市場が活性化し、ODS(Other Digital Stuff/映画館での映画以外のコンテンツの総称)市場も成長している」と、Live’Spotの狙いを語った。ODS市場は、2010年の10億円から毎年2倍以上増加しており、オリンピックやW杯などのスポーツコンテンツにより、「パブリックビューイングは一般化している」と同氏。

photophoto「2002年から10年間でライブの公演回数は2倍になっている」と片岡氏は言う(写真=左)。スポーツ中継などの影響で、パブリックビューイングは一般化してきている(写真=右)

 また、「競争倍率が高く、高額なチケット」「ライブ会場へのアクセス」「ライブ現場での暑さ、疲れ」などライブのマイナス要素をすべて取り除くのがLive’Spotだと片岡氏は説明する。「映画館なら、ドリンクやスナックを片手に快適な環境でライブを楽しめる。価格もライブの半分ほどで楽しめ、交通アクセスも容易になる」と片岡氏はメリットを語った。さらに、TwitterやFacebookなどでファン同士が交流することで「ネットプラットフォームを使った新しい音楽の楽しみ方を提供したい」と片岡氏。「LINEアプリやauスマートパスなどで情報を発信するが、SNSで口コミが広がっていって欲しい」と思いを語った。

photophotoライブの客にはさまざまな不満がある(写真=左)。Live’Spotでその不満を解消し、快適な環境でのライブ体験を提供する(写真=右)photophotoサービス開始第1弾として、JUJUのライブ中継をする(写真=左)。片岡氏はSNSで活発に情報が飛び交うことを期待している(写真=右)

 サービス開始に伴い、第1弾としてJUJU「JAZZ TOUR 2013-DELICIOUS 2ND DISH-」ファイナル公演のライブビューイングが8月15日に全国60劇場で行われる。「最終公演会場はあまり広くなく、チケット価格も高い。近場の映画館で気軽に楽しむメリットを感じられるのではないか」と片岡氏は言う。また、特別イベントとして「劇場版きゃりーぱみゅぱみゅ」の限定上映を8月8日に全国8劇場で行う。応募期間は7月17日からで、Live’Spotのサイトから応募できる。「参加アーティストは毎月増やしていく予定」(片岡氏)

ど迫力の5.1chスピーカー×大型スクリーンphoto「映画館の音響設備をフル活用したい」と語る大山氏

 イオンの大山氏は、「映画に限らず、バレエ、オペラ、スポーツなどさまざまなライブビューイングを行ってきたが、音楽は人気の高いコンテンツ」と説明する。平井堅さんのコンサート中継をした際は「全国約40の劇場で実施し、8000人超の集客に成功した」と言い、「これからも幅広いジャンルのアーティストのライブを5.1chのど迫力のサウンドと大型スクリーンで提供したい」と意欲的だ。

 映画館の稼働率に影響があるのではという質問には、「休日と平日の上映を組み合わせて稼働率を上げていく。映画上映と比べて平均単価が高いのが大きなメリットで、ODSと映画の相乗効果を期待している」と大山氏は前向きな姿勢だった。

photophotoBOYFRIENDのライブ中継で2chステレオと5.1chサラウンドの比較をした。後者のほうが体にずしりと重低音が響き、臨場感が出る

 従来は2chステレオ配信が主だったため、発表会では2chステレオと5.1chサラウンドの違いを体感できるよう、6月に行われたBOYFRIENDの比較ライブ映像が流れた。ゲストの品川さんは「クラブと田舎のスナックくらい違う」と表現し、会場の笑いを誘った。また、「生放送を録画で見るとダルいことがある。ライブビューイングなら、生の臨場感と編集したような映像の両方が楽しめる。ライブツアーの予習、復習にも最適」と品川さんは言う。村上さんも、「ライブだと本人が見えないまま終わってしまうこともある。映画館ならアーティストの顔もはっきり見える」とLive’Spotのメリットを語った

関連キーワード映画 | KDDI | 映画館 | 音楽 | ライブ中継 | 5.1ch | 発表会 | ライブビュー | アーティスト | イオングループ | au | パブリックビューイング | SNS | auスマートパス | コンサート | きゃりーぱみゅぱみゅ仮想通貨カジノパチンコクレヨン しんちゃん 父ちゃん と 二 人 だ ぞ

ヤッターマン パチンコk8 カジノオフショアなんて、怖くない仮想通貨カジノパチンコアミスター パチンコ

ヤッターマン パチンコk8 カジノオフショアなんて、怖くない仮想通貨カジノパチンコアミスター パチンコ

ヤッターマン パチンコk8 カジノオフショアなんて、怖くない仮想通貨カジノパチンコアミスター パチンコ

スロット 実機 リゼロk8 カジノ 初めてのオフショア

オン カジ ボーナス ランキング こんにちは。アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ(ATS)の新楽です。

 私は2003年11月に、現在所属するATSに転職しました。それまでの経験が大規模プロジェクトでも、そしてアクセンチュアグループでも通用するのかを確かめるのが目的でした。転職理由の詳細は、この連載の第6回「専門用語で『カッコよく』話すのは簡単だけど」に記載していますので、ぜひご覧いただければと思います。

 転職して最初に配属されたのは、Javaによる大規模な基幹システムの構築プロジェクトであり、私は基本設計の途中からの参画となりました。

 テーブル数は1000を超え、画面数も数百、帳票数も数百ありました。業務もかなり複雑でした。しかも開発の大部分はオフショア(ATSの中国・大連デリバリーセンター)での開発と決まっていました。人数は最大で70人以上も!

 当時、私はオフショア開発にあまり良いイメージを持っていませんでした。世間一般であまり良いうわさを聞いたことがなかったからです。なので「開発も日本でやった方がいい」「こんな複雑な業務とシステム、同じ日本人に理解してもらうのさえ大変だ」と感じていました。

なぜオフショアなのか?

 日本で開発した方がやりやすいのは当たり前のことです。同じ言葉で、同じサイトで開発する方がやりやすいに決まっています。でも、そんな思いのままでいては前へ進めません。そこで私は、「なぜオフショア開発をするのか?」を真剣に考えてみました。前職ではプロジェクトメンバーは多くても10人程度で、オフショア開発について真剣に考えたことはありませんでした。

 なぜ? コストを減らし、利益を最大限に得られるようにするため? 「自前主義」を掲げるアクセンチュアだが、日本のATSだけで大量の人材を確保するのが困難? 協力会社にお願いしてしまえばお金が外に流出する……だから?

 ほかにもいろいろと理由はあると思いますし、そのときに考えたことが100%正しいとは限りません。けれどもそのように考えることで「押し付けられる」という感覚から抜け出し、前向きに「どうやったらうまくやれるか」を考えられるようになりました。

 人間なんて意外と単純なものですね。物事の裏側にあることをきちんと理解して(もしくは理解しようと努力して)考えることで、前向きになれるものです。そうすればモチベーションを自分でコントロールできるようになるのだと、私はこの経験を通して気付きました。モチベーションって人に上げてもらう部分も多少はあるにせよ、最終的には自分で上げるすべを身に付けないとダメだと強く感じています。人から「上げてもらった」ものは、ちょっとした負の要因ですぐに下がってしまうので。

 もう1点、オフショア開発をするに当たって気になっていることがありました。少し大げさな表現かもしれませんが、日本の技術力の低下です。今後オフショア開発がさかんに行われるようになり、日本でプログラミングをする機会が失われてしまうのではないかと思ったのです。例えば新卒でATSに入社しても、プログラミングを経験しないまま数年が過ぎて……ということが起こらないのか? という不安がありました。

 いまでも「オフショア開発」というと、「じゃあ日本では開発しないということですか?」と質問されることがありますので、当時の私と同じように考える人も少なからずいるのではないかと思います。

日本での開発はなくならない仮想通貨カジノパチンコクラウン 純正 ホイール